2007年04月28日

私の音楽遍歴

鈴木あみは確かにかわいいと思ってはいましたが、ファンとかマニアではなかったですね。だから、写真集もCDも何一つ持っていません。

投稿者:うるぐす

僕の世代の男で、1度は夢中になったといっても過言ではない女性がZARDの坂井泉水です。
僕の記憶が確かならばhimeさんは僕より2つ年下のはずなので、himeさんと同年齢の男もこれに当てはまるかもしれません。
僕も一時期夢中になってまして、「負けないで」を聴きながら、高校受験を頑張ったものです。

実をいうと僕が一番最初に夢中になったミュージシャンはZARDなんです。
ただその頃から、サザンも好きではあったのですが・・・

しかし、ZARDは1年か2年くらいで飽きてしまい、その後、サザンやCHAGE&ASKAに夢中になることになります。(ZARDが好き!というのは、まさに初恋のようなものだったのか!(笑))

サザンとCHAGE&ASKAは今でも大好きです。(サザンについてはわざわざここで言うことでもないか・・・(笑))それは、単純に音楽性が大好きというだけでなく、自分の青春時代真っ只中(こんなことを言う歳になってしまった・・・)に大活躍したから思い入れが深いというのもあるかもしれません。

更に高校2〜3年になると洋楽を聴くようになります。
サザンの桑田がラジオなどでビートルズやクラプトンの話をしたり、曲をかけたりしていて、そこから興味を持ったのがきっかけです。

桑田がきっかけを作ってくれなかったら、間違いなく僕の音楽鑑賞のジャンルの幅は狭かったでしょうし、シェリルクロウも好きになっていなかったかもしれません。

だから、桑田はただ単に好きなミュージシャンというだけでなく、僕に多大な影響を与えた人物なのです。

今回は駆け足で、僕の音楽遍歴を書いてみました。
思い出の曲、番外編といったところでしょうか?
himeさんも自身の音楽遍歴というテーマで次回は書いてみませんか?
posted by サザマニア at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

Everyday Is A Winding Road

ども〜

鈴木あみ「BE TOGETHER」が想い出の曲にあがってくるとは驚きましたよ。

たしかに流行りましたねぇ。アタシの周りでもかなりのアミーゴブームで、写真集買ってるやつまでいましたよ。
あ、まさかウルグスさんも持ってるとか…?(ニヤリ)

投稿者:hime

前にも話したような気がしますが、

好きなんですよ、Sheryl Crowの「Everyday Is A Winding Road」が。

ジュリアロバーツ主演の「エリン・ブロコビッチ」という映画(みました?)の主題歌にも採用されてましたね。

また、この映画がね。

アツイんだ。

ジュリアロバーツ扮する「エリン・ブロコビッチ」がね。水質汚染(?)問題の訴訟に取り組むんですよ。弁護士でも何でもない、失業中の主婦がですよ。
しかも、たまたま訪れた弁護士事務所でその問題を知り、そのネタに興味を持ち、自分をその事務所で雇ってくれるよう頼み込む。
無謀すぎる。。。
だけど、スンゴイたくましいんですよ。そこがいい。

力いっぱい問題と向き合う。
地元住民の人にも粘り強く向き合う。
その一生懸命さ、無謀故の可笑しさみたいのが相まって心地よい気分にしてくれる。

その映画にね、この曲がとってもマッチするんですよ。
この曲も力強いでしょ。粗野な感じだけど、まっすぐ進んでいく感じがする。当然歌詞のとおり、曲がりくねったでこぼこ道を進んで行くのがいい。平坦な道ナンテまっすぐ走ったって面白くないもん。そしてまた映画のように、無謀故の可笑しさ、オチャメさが曲調からプンプンする。

アタシが一押しなのは、クラプトンと共演してるライブ版の方。
ライブ版はね、すごいハネてる感じがして好き。歓声が気持ちを沸きたてるせいもあるかもだけど。。。

うおぁっ!ここまで書いて、サザンの話をしてないことに気づいたゾ(エヘッ)

このアルバムには、桑田さんの大好きなクラプトン出てるしね(汗)
Sherylと一緒に「WhiteRoom」歌ってるしね(汗汗)

許して〜〜!!!
posted by サザマニア at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

ある意味思い出の曲

「LONG TRAIN RUNNIN'」はさっき、アマゾンの試聴聞きました。途中の部分しか聴けなかったのですが、どっかで聞いたことあると思いました。もしかしたら、イントロも聴いたら知っているかもしれません。

投稿者:うるぐす

今日はある意味思い出深い曲ということで
以下の曲を取り上げてみたいと思います。

鈴木あみ「BE TOGETHER」(1999年)

この曲が発売された頃は、僕は大学3年で、前期試験に向けて猛勉強をしていました。

そんなある日、自分の部屋で試験勉強中に気分転換にTVをつけると、ちょうどNHKでポップジャム(懐かしい・・・)をやっていました。
ゲストで鈴木あみが出演しており、新曲のプロモーションとして、「BE TOGETHER」を唄っていました。
そして、ポップジャムを観て、そこそこ気分転換が図れたので、また試験勉強を始めました。

その時です。
頭の中をあるフレーズが駆け巡りだしたのです。
BE TOGETHER!BE TOGETHER!

駆け巡るフレーズを振り払い勉強を続けました。
しかし、また
BE TOGETHER!BE TOGETHER!

気持ちを落ち着け、改めて、ノートとテキストを見ました。
しかし、また
BE TOGETHER!BE TOGETHER!

気分転換が必要だと思い、TVをつけました。
悪いことは重なるもので、ちょうどTBSのCount Down TVをやっており、そこでも
BE TOGETHER!BE TOGETHER!
と言っておりました。

どう頑張っても、頭の中から
BE TOGETHER!BE TOGETHER!
が消えないと思い、その日は諦めて、寝たと思います。

しかし、それほど、強烈なフレーズが1日で消えるわけがありません。それから、数日間、私は、
BE TOGETHER!BE TOGETHER!
に悩まされました。

この年は単位を落としていないので、この出来事が学業にそれほど大きな影響を及ぼしたとはいえないですが、この出来事がなかったら、もっと成績が良かったかもしれません。(笑)

これが99年の話なので、もう8年も前の話になるのですね。
8年経ち、鈴木あみもプロデュースした小室哲哉も過去の人になってしまいましたが、サザンはデビューして約30年も第一線で活躍している!サザンはホントに凄い存在です!(無理やりサザンに戻してみました)

今ふと思ったのですが、一応このブログはサザンファン二人のブログなので、全然関係のない話をしていても、どこかで必ず無理やりでもいいからサザンの話をするというルールにしませんか?(笑)

という訳で、himeさんも引き続き、思い出の曲で書き込みお願いします。

[追伸]
2006年桑田佳祐のAAAライブの「カーペンターズ/I Need To Be In Love」観ました。
凄く良かった。
桑田バージョンを観た後にオリジナルも観たのですが、桑田バージョンは決してオリジナルに引けを取らない!
桑田の歌声、特に歌い出しに、女性の優しさを感じました。
オリジナルに引けを取らないのはそのせいかもしれません。
恐るべし!桑田佳祐!!





posted by サザマニア at 13:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

タイムスリップ

うるぐすさんも似たようなドッキリ体験してるんですねぇ
あの瞬間って、スッゴイ興奮しますよね。

まさに、キタ━━━━━━━━━━━━ッ!! (゚∀゚)

ってヤツですな。

あ、カバーで良かったといえば!
2006年桑田佳祐のAAAライブの「カーペンターズ/I Need To Be In Love」↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=qBgaizE0bSY

「限りなき永遠の愛」を歌う時のように、キレイに歌いあげてるな〜と、しんみり聴きいることができます。

投稿者:hime

そうそう・・・想い出の曲

あるんだろうけど、あんまり思い出せず(老化か!?)

というわけで今日は、なぜか中学の時にイイナと思ったアーティスト特集(勝手企画!)

まず!「THE DOOBIE BROTHERS」

たしか、TVから流れてくる「LONG TRAIN RUNNIN'」のイントロにハマったんですよ。(知ってます?この曲)

このジャカジャカいうギターの音(どの曲でもジャカジャカしてますけど)が、気持ちを掻き立てるんですよね。
それと、間奏のハーモニカ。

これ聴いてると、アタシの妄想が、荒野の中で土煙をあげながら爆走するトラックの荷台で片膝たてながら揺られる絵へ・・・!!(TRAINって言ってるのに、トラック(笑))

今考えると、かなり渋めの中学生。

とはいえ、同じクラスの男の子はギター片手に伊勢正三の「22才の別れ」とか歌ってましたから、クラス全体が渋めだったのかもしれません(笑)

というわけで突然ですが、この企画で続けてみます?

あの頃ハマった想い出の曲企画!

う〜ん、深夜ラジオのうだうだレベル以下の思いつき発言ですが、いかがでしょう。

このネタならまだ何曲も出せそうですよね。

お互い、新しい音楽に出会えるいい機会かも!ナンテ都合のいいことを言ってみたり。エヘッ
posted by サザマニア at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

似たような出来事

前回のhimeさんの書き込みを読んで、
僕にも似たような出来事が去年あったので、お話してみたいと思います。

投稿者:うるぐす

去年、サマーソニックに行きました。
昼前くらいに会場に着き、その後、ビール片手にいろいろなステージを回って、たくさんのライブを堪能しました。

そうこうしているうちにだんだんと僕の中で、
Led Zeppelinが聴きたいという気持ちが高くなってきたのです。
himeさんには言ったかどうか忘れましたが、実は僕、Led Zeppelin大好き人間でして、オフィシャルで発売されているCD、DVDを全部持っているのはもちろんのこと、一番ハマっていた時期で、Led Zeppelinを聴いていない時はある意味、禁断症状になってしまっていたくらい好きなんです。

聴きたいという気持ちが高くなったので「ああ、Zeppelinが聴きたい!」とサマーソニックに一緒に来ていた連れに連呼しまくって煙たがられていました(笑)

そんなテンションの中、奥田民生のライブを見ていたら、なんと一曲目が、Led Zeppelinの「Black Dog」のカバーだったのです。
もう、興奮ものです。僕が驚いたのはもちろんのこと、連れも非常に驚いていました。(笑)

しかも、それが凄く良かった!
何がカッコ良かったって、奥田民生がRobert PlantとJimmy Pageの役回りを1人でやっていたのです!
つまり、Robert PlantのハイトーンボイスとJimmy Pageのギターを!
もう、ホントにかっこよかった!
カバーにもかかわらず「Black Dog」の曲のよさを120%引き出していました。

僕の「ああ、Zeppelinが聴きたい!」という念が通じたのかどうか分かりませんが(笑)、こんな偶然があるんだなと思いましたよ!ホントに!

というわけで、今回はサザンと何の関係もありませんでしたが、
(強いて言えば、桑田は高校時代にLed Zeppelinのコピーバンドのボーカルに誘われたけど高音がでなくて一日でクビになったという関係がある)
まあ、たまにはアリでしょ!

てなわけで、次も思い出の曲でいきませんか?
このお題だったら結構ネタはあるとおもうのですが。
posted by サザマニア at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

思い出の1曲

Bonus Track「こんな僕で良かったら(Trumpet & Jazz Piano Trio:CM Version)」

ん?AMEXのCMで流れているのは、ジャズバージョン!?
なんて今頃気づいたアタシってば、、、遅い!?

投稿者:hime

>じゃあ、himeさんの思い出の一曲でお願いします。

「思い出」って程でもないんですけど、ちょっとしたエピソードがある曲でいきたいと思います。

『DING DONG(僕だけのアイドル)』

忘れもしない、2004年12月28日

アタシと大学時代の友人(計4人)は、サザンオールスターズ年越しライブ「暮れのサナカ」の会場横浜アリーナへ向かうため、車に乗った。

うち2人は、サザンの大ファンというわけでもなかったため、事前に選りすぐりの曲を集めたhimeオリジナルCDを渡していた。

車の中はもちろんサザン!!もちろんhimeオリジナルCD(しつこい(笑))

そのCDから流れてきたのは、選んだ覚えのない「DING DONG(僕だけのアイドル)」

んんん?アタシ、「ブリブリボーダーライン」を入れたよな?

やべ、間違えたーーーーー!!
ライブノリノリの「ブリブリボーダーライン」が好きだったのに!!「世に万葉の花が咲くなり」の10曲目と12曲目を入れ間違えたらしい!!クッソォ〜

間違えたことにショックを受けたアタシだったが、車の中は意外にも「DING DONG(僕だけのアイドル)」で盛り上がってる。
たしかに、改めて聴いてみると、イントロはいいし、最後の潔い感じもキマってていいじゃないか…ナンテ車の中で思いはじめていた。

そして、気分もノリノリで迎えた。ライブ最初の1曲!

♪DING DONG DING DONG 君のベル〜〜〜

どひゃ〜〜〜〜〜アタシも友達も大興奮!
アタシに至っては、驚きでゾクゾクした!

そう、ライブの1曲目を意図せずCDに入れてたみたいです。

偶然ってスゴイ!
どうでしょう。この思い出の1曲!

そうそう…
アタシも桑田のソロについては、楽しみではありながらも、なぜ今?という気持ちがありますです。

でも、とりあえず来年の30週年は何かドカンと行く筈ですから、それまでの充電期間と捉えてみようかな、と思ってます。

ホント来年が楽しみなんです(ニヤリ)
posted by サザマニア at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

何故ソロ活動なのか・・・

桑田のソロ活動は楽しみではあるのですが・・・

投稿者:うるぐす

でも、何故この時期にソロ活動なのでしょう?
去年の夏にDirty Old Manのプロモの撮影でサザンがハワイに行ったと思うのですが、そのハワイに行った理由というのが確かもう1つあって、それはサザンのメンバの結束力を高めるだったと思うのです。

もしそうだったとしたら、サザンとして、シングルを何枚か出してアルバム、ツアーやるという活動が断続的に続きそうなものですが、サザンとしてシングルを1枚出しただけ・・・

以前急にソロ活動始めた時、理由が大森さんの活動休止だったですよね。(波乗りジョニーは当初サザン用の曲だったはず)
今回も似たような理由なのではないかと少し心配なのです。
メンバが脱退したいと言い出した、メンバが長期療養が必要な病気になったなど・・・

実は、原さん御懐妊だったりして(笑)。まあ、それはないか(笑)。

>次のお題は、うるぐすさんからアタシに出してもらおうかな、ナンテ思ってますが、いかがでしょう?

じゃあ、himeさんの思い出の一曲でお願いします。
サザン以外の曲でも構いませんよ!
posted by サザマニア at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

出たな!「東京ジプシーローズ」

桑田佳祐ニューシングル「明日晴れるかな」5月16日発売ですね!
今から楽しみです♪

ショコライフの新しいCMやら
アメックスのCMやら
ドラマの主題歌やら

とにかく、注目箇所多すぎです(汗)

投稿者:hime

>「ROCK AND ROLL HERO」の中でhimeさんが一番好きな曲は何ですか?

たしかに、好きな曲って難しいですね。

まったりねっとりズシンと入ってくる「HOLD ON」
聴けば聴くほどビートルズ。なぜか胸にしみるメロディ「影法師」
マンドリンの音が素敵な「どん底のブルース」

でも、やっぱアタシの中では「東京ジプシーローズ」ですね!

サイケというか、なんというか、、
イントロからして、やばい雰囲気を出し、ベースとドラムが同じリズムを刻み焦燥感あおる感じが好きですね。

Aメロとサビは、いたって単純なメロディ
サビなんてほとんど1音!
これで、こんだけ迫力ある曲になるんだからスゴイ!ですよね。

>間奏のギターソロなどは正に“和”と“妖艶”という言葉が相応しいメロディとサウンドです!

あのギターソロはいいですねぇ〜。色っぽいです。
フルートの掛け合いが、妖艶さを際立たせてますよね。


大したコメントは書けませんでしたが、
東京ジプシーローズは夢に出そうな程聴いてしまいました(汗)

次のお題は、うるぐすさんからアタシに出してもらおうかな、ナンテ思ってますが、いかがでしょう?
posted by サザマニア at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。