2007年04月28日

私の音楽遍歴

鈴木あみは確かにかわいいと思ってはいましたが、ファンとかマニアではなかったですね。だから、写真集もCDも何一つ持っていません。

投稿者:うるぐす

僕の世代の男で、1度は夢中になったといっても過言ではない女性がZARDの坂井泉水です。
僕の記憶が確かならばhimeさんは僕より2つ年下のはずなので、himeさんと同年齢の男もこれに当てはまるかもしれません。
僕も一時期夢中になってまして、「負けないで」を聴きながら、高校受験を頑張ったものです。

実をいうと僕が一番最初に夢中になったミュージシャンはZARDなんです。
ただその頃から、サザンも好きではあったのですが・・・

しかし、ZARDは1年か2年くらいで飽きてしまい、その後、サザンやCHAGE&ASKAに夢中になることになります。(ZARDが好き!というのは、まさに初恋のようなものだったのか!(笑))

サザンとCHAGE&ASKAは今でも大好きです。(サザンについてはわざわざここで言うことでもないか・・・(笑))それは、単純に音楽性が大好きというだけでなく、自分の青春時代真っ只中(こんなことを言う歳になってしまった・・・)に大活躍したから思い入れが深いというのもあるかもしれません。

更に高校2〜3年になると洋楽を聴くようになります。
サザンの桑田がラジオなどでビートルズやクラプトンの話をしたり、曲をかけたりしていて、そこから興味を持ったのがきっかけです。

桑田がきっかけを作ってくれなかったら、間違いなく僕の音楽鑑賞のジャンルの幅は狭かったでしょうし、シェリルクロウも好きになっていなかったかもしれません。

だから、桑田はただ単に好きなミュージシャンというだけでなく、僕に多大な影響を与えた人物なのです。

今回は駆け足で、僕の音楽遍歴を書いてみました。
思い出の曲、番外編といったところでしょうか?
himeさんも自身の音楽遍歴というテーマで次回は書いてみませんか?
posted by サザマニア at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。