2007年05月07日

山下達郎

himeさんも結構洋楽を聴くんですね。himeさんといえば昭和歌謡というイメージが強いもので、僕の中では新たな発見でした。

投稿者:うるぐす

>うるぐすさんも、またオススメアーティストについて書いてみて下さいな★

今回は山下達郎について書いてみたいと思います。
himeさんは山下達郎をどのくらい知っているでしょうか?

興味のない人にしてみれば、山下達郎は“クリスマスの唄の人”で、クリスマスの唄以外に何かあるの?という印象しかないようです。
ファンの僕としては、残念でならないのですが・・・。たくさん名曲があるのに・・・

何故、好きかを言葉にするのならば、

サウンド、メロディが時代を経ても古くならずかつ美しいからということになると思います。

表現が抽象的なので、それにまつわるエピソードをひとつ。

何年か前にTBSでGood Luckというドラマをやっていたのを覚えているでしょうか?木村拓哉がパイロット、柴咲コウが旅客機の整備士役で出演していたドラマです。
そのドラマの主題歌が山下達郎の「RIDE ON TIME」だったのですが、この曲は実は1980年に発表した曲なのです。

ドラマのエンドロールで流れるのですが、まるで古さを感じない!
エンドロールに出てくる、木村拓哉、柴咲コウと同じくらいのさわやかさがこの曲にはある!
全くこの曲のことを知らない人だったら、新曲と思うかもしれません。
これって凄いことだと思いませんか?(っていうか、知ってたらごめんなさい)
ちなみにYou Tubeで見つけたので、もし良かったらどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=dZY0PKGDBgo

あと、山下達郎でどうしても忘れられないエピソードがあるのでもう1つ。
サザン結成20周年の時にTBSでバカ騒ぎの腰つきという特番をやったのですが覚えていますか?
この番組で達郎さんからのお祝いメッセージとともに達郎さんの写真が流れたのですが、写真が出るや否やスタジオにいるお客さんから笑いが起こったのです(笑)。

その放送の後の竹内まりやがゲストで出ていた達郎さんのラジオ番組でその話題が出たのですが
笑いが起こったことが達郎さん的によっぽど気に入らなかったらしく、
達郎さんが「俺の顔を見て笑いやがって・・・」と言ったのです。
それに対し、まりやさんが「そんなこと言ったら、私なんか毎日笑わなきゃいけなくなっちゃうじゃないねぇ?」と言ったのです(笑)。
僕はそれを聴いて、爆笑しそうになりましたよ(笑)。
それと同時にいい夫婦だなあとも思いましたね(笑)。ホントに(笑)。

さて、サザンの話もできたことですし、
そろそろhimeさんにバトンを渡します。
himeさんは中学以降の音楽遍歴でおねがいします!!
posted by サザマニア at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。