2006年12月07日

東京

風邪のほうは治りましたか?
僕のほうは今のところ風邪はひかずに毎日頑張ってます。

投稿者:うるぐす

この間、サザンの曲の他にもにもソロの曲やそれ以外の曲もこのブログで取り上げましょうということになったので、さっそく、桑田のソロの曲を取り上げます。

『東京』ですが、この曲で僕が一番すきなのは、間奏のギターソロです。
もう、かっこよすぎです。

また、ライブではこの間奏がちょっと違うんですよね!
ギターソロがあって、
少しタメがあって、
ダ、ダ、ダ、ダッ、とドラムがあって
サビなんです。
タメは、オリジナルにはないんです!

タメがなんとも言えず最高で、たしか、ライブDVDにも収録されているので、ぜひ観てみて下さい!

この曲をはじめて聴いたのは、やさしい夜遊びでのOAなのですが、初めて聴いたときから、もうかっこ良すぎて、鳥肌立っちゃいました。

ちなみに、「東京」以外で初めて聴いたときに鳥肌が立ってしまった曲は、
Led Zeppelinの「天国への階段」と
Queenの「ボヘミアン・ラプソディ」だけです。

そういった意味では、僕の中で、「東京」は
かなり評価の高い曲です。

今回の書き込みは、こんなところでしょうか。
posted by サザマニア at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

続・素顔で躍らせて

うわぁ〜〜〜久々でございます。

パソコンはいまだ壊れたまま、古いノートPC(Windows98)をひっぱり出しての投稿です。

投稿者:hime

「夜風のオンザビーチ」「素顔で躍らせて」は、2003年のツアー「 流石(SASが)だ真夏ツアー!あっっ!生。だが、SAS!」(←なんだ、このタイトル・・・)で、演奏されていたんですね。

横浜国際競技場の前方の席で聴いたことを今思い出しました。はい。

あのライブでは、最近のライブで流れるような曲ばかりではなく、上記の2曲のような懐かしい名曲が演奏されたライブでもありました。

特に印象的だったのは、「夕陽に別れを告げて」でした。

曲とともに鎌倉高校時代の桑田佳祐の映像が流れた(んだっけかな?)のと、開放的な野外の雰囲気が、なんともノスタルジックな気持ちにしたっけ?

ナンテ思い出しました。

って、おーーーーっと、今日のお題は「素顔で躍らせて」だっけ?

>好きな理由ですが、お酒を飲みながら聴くのに適しているメロディとサウンドかな(笑)。それは、他の二曲に関しても言えることですが(笑)

あー、相変わらずシブイ!

でも、わかりますね。
お酒といえば、「恋の女のストーリー」もお酒に合う曲ですよね。ちょっと酔いがまわったあたりで聴くとしんみりして良さそうです。

風邪をひいて禁酒中のアタシは、こう書いていて飲めない自分に悔しくなってしまいました。

うるぐすさんも風邪には気をつけてくらは〜〜い!
posted by サザマニア at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

素顔で踊らせて

前回は携帯からわざわざどうも。
早くPCが治るとよいですね。それとも、もう新しいPC買わないとダメなのかな?
今まではPCからお互い長々とした書き込みをしてましたけど、これからはお互い携帯を使って少し短めの書き込みをし合うのも面白いかなあと思っていますがどうですか?

投稿者:うるぐす

>うるぐすさんの選曲は渋いですよね
>
>「素顔で躍らせて」
>「恋の女のストーリー」
>
>ですもんね。

確かに渋いと思います(笑)
コアなファンでない限り選ばないのではないでしょうか?
自分も一番最初にステレオ太陽族を聞いたときは、僕が今回挙げた三曲を含めて、アルバム全体を好きになれなかったのを覚えています。

それは、おそらく僕は90年代にファンになったので、自分がサザンに求めていたものと、80年代の初頭にサザンがやっていたことにギャップがあったからではないでしょうか?
まあ、時代の流行の変化に伴うサウンドの変化っていうのもあるでしょうし・・・

ただ、サザンの毒が回るにつれ、80年代の雰囲気がプンプンするような曲にもはまっていく訳ですが・・・(笑)

だから、僕が三曲を好きになったのは、ファンになってしばらく経ってからですよ。

っていうことで、今回は「素顔で踊らせて」について書きます。
3つの中では、「夜風のオン・ザ・ビーチ」の次に好きです。
好きな理由ですが、お酒を飲みながら聴くのに適しているメロディとサウンドかな(笑)。それは、他の二曲に関しても言えることですが(笑)
お酒飲んでいるときにこの曲聴いちゃうともうしみじみしちゃいます(笑)

それにしても、このブログを書くようになって思ったことなのですが、自分の好きな曲の好きな理由を書くのって意外と難しいですね。まじめに書いてみてもわりと普通な面白みのない表現になってしまうというか・・・。まあ、音楽的な教養がないからなのかもしれませんが、表現することの難しさを実感してしまいます。そういった意味では、音楽評論家ってすごいですな。

では、そろそろhimeさんにバトンを渡します。
「素顔で踊らせて」について語ってください!!
次の投稿も携帯からになるのかな。

posted by サザマニア at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

続・夜風のオンザビーチ

もともと調子の悪かったパソコンが立ち上がらなくなって、これからどーしよーかと悩んでます。どうも(*^ー^)/

投稿者:hime@携帯

小林旭の「熱き心に」!

いわれてみると、あの曲は大瀧詠一っぽいーっっ
あの爽やかな風が抜けるようなストリングスの使い方とか、ねぇ

そうそう…

夜風のオンザビーチ

久々にステレオ太陽族を聴きましたが、「夜風のオンザビーチ」の渋さと「Hello My Love」の裏ウチリズムに首ったけになってしまいました。

「夜風…」のメロディの良さは、あの重く渋いイントロとサビの軽さのコントラストじゃないでしょうか。

アタシはこの2つに釘付けでした。

そして、前述の「Hello My Love」

ハマる要素はハネたリズム以外にはなかったのですが、なぜかリピートしていました。
うるぐすさんの選曲は渋いですよね

「素顔で躍らせて」
「恋の女のストーリー」

ですもんね。

次はこの2つから言ってみますか…?

それでは、携帯からお送りしましたぁ
posted by サザマニア at 09:20| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

夜風のオン・ザ・ビーチ

サザンのオフィシャルHPに今年は創作活動に没頭するために年越しライブはなしと書いてありましたね。
少々残念ですが、来年発売されるであろう新作に期待しましょう!

投稿者:うるぐす

>大瀧詠一知ってますよぉ〜
>彼の曲は、爽やかで良いのですが、全部似たように聞こえてしまうのはアタシだけでしょうか?(苦笑)

himeさんだけでなくみんなそうだと思います。
ただ、himeさんが言っている曲はおそらく大瀧詠一の曲の中でも一般受けしているほうの曲で、それ以外にも大瀧詠一の曲には一般受けしないマニアックな曲がたくさんあるのです。なので、大瀧詠一の世界は実はとても深いのです!
何か分からないことがあったら俺に聞いてください(笑)

>ちなみに、アタシが好きな歌謡曲は(コレを歌謡曲と位置づけるかは微妙ですが)
>「ちあきなおみの喝采」と「渡辺真知子のかもめが翔んだ日」です。
>ぜひ、お聞きください。

僕の好きな歌謡曲はちあきなおみの「黄昏のビギン」と小林旭の「熱き心に」です。「喝采」ももちろん大好きです!「かもめが翔んだ日」は、フツーかな(笑)。ちなみに「熱き心に」の作曲は大瀧詠一です。

さて、本題行きましょう!
今日は、「夜風のオン・ザ・ビーチ」について書きます。

自分の中では大好きな曲のうちの1つで、隠れた名曲だと思っているのですが、あまりにも隠れすぎていて(笑)、今まで感想を聞く相手がいなかったので、取り上げてみました。himeさんは、この曲、どう思いますか?好きですか?

僕は、全体が醸し出す大人の雰囲気だったり、サビのコーラスと桑田の掛け合いが好きだったりするのですが、何と言っても、イントロの原さんのピアノにしびれてしまいますね。

また、
ステレオ太陽族に

「素顔で躍らせて」
「夜風のオン・ザ・ビーチ」
「恋の女のストーリー」

と三曲連続してバラードが入っていますが、
どれも、秀作ですよね。
僕は勝手に上記三曲を三部作と呼んでいますが(笑)、まさに桑田の才能炸裂といった感じです。
それにステレオ太陽族には栞のテーマも入っていますし・・・
81年はシングルでは振るわなかったですが、派手さはないながらもこういったすばらしい曲をつくれるところに桑田の才能の幅の広さを感じます!
posted by サザマニア at 21:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

続・恋人も濡れる街角

どうも。
今日は、朝からAAAのライブチケットを取るべく、3台の電話を駆使したのですが、どれもつながらず…最後に繋がった時には12/2が完売していました(涙)

ファンクラブ発売がないと、チケットを取るのが難しいことを知った今日この頃

投稿者:hime

>歌謡曲の真髄を分かっているのは筒美京平と桑田だというようなことを大瀧詠一がインタビューで語ってました。

大瀧詠一知ってますよぉ〜
彼の曲は、爽やかで良いのですが、全部似たように聞こえてしまうのはアタシだけでしょうか?(苦笑)

「歌謡曲の真髄」!?・・・考えると難しいですね。

ちなみに、アタシが好きな歌謡曲は(コレを歌謡曲と位置づけるかは微妙ですが)
「ちあきなおみの喝采」と「渡辺真知子のかもめが翔んだ日」です。
ぜひ、お聞きください。

そうそう・・・

恋人も濡れる街角!

これは名曲ですね。
でもなんで、中村雅俊だったんだろ、あの桑田マガイの歌い方はアリなんだろうか、謎は深まるばかりです(笑)

歌詞も寂しくていいですね。

♪不思議な恋は女の姿をして 今夜あたり訪れるさ

こんな微妙なニュアンスをよくも思いつくなぁ、と感心するばかり。

雨がシトシトと降る寒空のヨコハマで、傘もささずに別れを惜しむ恋人たち

曲のイメージはこんな感じです。なんともロマンティックですね。はい。

あ、うるぐすさんのイメージは「いわき」なんだっけ?(笑)
でも、この曲と出会えてよかったです。何が人と人とをつなげるかわかりませんね。

これからもよろしくでーす
posted by サザマニア at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

恋人も濡れる街角

チャコの海岸物語のメロディを聴いて、筒美京平のメロディを彷彿としてしまうなんて、昭和歌謡曲大好き人間のhimeさんらしいですね。
そういえば、随分前にレコードコレクターズで歌謡曲の真髄を分かっているのは筒美京平と桑田だというようなことを大瀧詠一がインタビューで語ってました。ちなみにhimeさんは大瀧詠一ってしってますか?

投稿者:うるぐす

前置きが長くなったのでさっそく本題に入ります。
「恋人も濡れる街角」
himeさんのブログにこの曲に関する書き込みがなかったら、間違いなく今のウチラの関係はなかったですね。

でも、ホントにhimeさんのブログを見てビックリしましたよ!!それは、ただ単にサザンファンがいた!という驚きだけでなく、ちょうど「恋人も濡れる街角」の桑田バージョンが僕の頭の中から離れない状態のときにhimeさんのブログを見たからです!

himeさんのブログを見る一ヶ月前くらいにYouTubeでたまたま「恋人も濡れる街角」の桑田バージョンの動画(himeさんにも紹介したやつね)を見てそれから頭から離れなくなりました。

それは、桑田のボーカルが中村雅俊に比べ、艶っぽく、大人っぽく、繊細だったからだと思います。

その直後くらいにいわきでの仕事が決まって、はじめのうちは、数回ほど泊りがけの出張として、いわきに来ていました。
頭から曲が離れない状態でのいわきへの出張だったので、
いわきに向かう特急の中でも、
いわきの夜の町を徘徊しているときでも、
ホテルの自分の部屋でビールを飲みながら夜景を眺めているときでも、
いわきのお客さん先に向かうタクシーの中でも、
お客さん先で仕事をしているときでも、
必ずこの曲が頭の中で流れていたのです。

だから、僕の中で「恋人も濡れる街角」の桑田バージョンを思い出すたびに出てくる光景は、“いわき”なのです(笑)。

そんなこんなで、その後もしばらく、僕の頭の中を「恋人も濡れる街角」の桑田バージョンがヘビーローテーションで流れ続け、そんなさなかにhimeさんのブログを見たわけです。

これで、いかに僕がhimeさんのブログを見てビックリしたかが分かってもらえたと思います。

今回書いたことは、himeさんにずっと言いたいと思っていたことだったので、それが言えて非常に満足です。

それでは、himeさんも「恋人も濡れる街角」について書いてみてください。もし、ないようだったら他のお題でもよいですよ!!
posted by サザマニア at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

続・チャコの海岸物語

「桑田のかっこよさ」
アタシも最近の桑田のかっこよさを充実した笑顔から感じていました。
あんな風に年をとれたら素敵だなぁナンテ思ってたhimeです。はい。

投稿者:hime

そうそう、、、チャコの海岸物語ですね。

実は、嫌いだったんですよ、この曲。
サザンの中で嫌いな曲は?っていうと、この曲をあげてたくらいです。

でも、今年に入ってくらいから好きになったんです。

なんで嫌いだったんだろ。
わかりやすすぎるメロディと田原俊彦のモノマネに嫌悪感しめしてたのかもしれません。

でも、今はこのわかりやすい歌謡曲メロディが大好きです。

>81年のライブで「来年はヒット曲出します!」と宣言したらしいのです。
>それで、翌年の82年に出した曲が「チャコの海岸物語」だったわけです。
>81年のライブでの宣言は、自分にプレッシャーをかけるためだったのか、ヒット曲がかける自信がそのときあったのかは、定かではないですが、少なくともスランプに陥ったときにもがき苦しみ努力した結果であることは間違いないでしょう!

もがき苦しんだからこそ、変に凝ったものにならずシンプルに良いメロディができたのでしょうね。なんだか筒美京平メロディを彷彿しました。

それにしても、この曲もベースがいい味出しますね。
歌は絡みつく感じ故、ベースが軽すぎず重すぎずバランスを保っているように思いました。(専門的なことはわかりませんが…)

さ、次は何でいきましょうか!
やっぱ、アタシらが意気投合するきっかけでもあった「恋人も濡れる街角」!
サザンじゃないけど、番外編でいきますか?
posted by サザマニア at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

チャコの海岸物語

僕の鎌倉物語のイメージは紫陽花です。
そういった意味では僕もhimeさんと同じように海よりも山のイメージですね。

投稿者:うるぐす


>ショコライフのCM見ましたかぁぁぁ??

最近全然TVを観ていないので、さっき明治製菓のHPで観ました。
僕が感じたのは桑田の唄よりも、桑田のかっこよさかなあ。
また更に男としてかっこよくなったような気がします。
新しいものへ常に挑戦し、最高の結果を出すための努力をし続け、結果を出したものだけが得ることができるかっこよさですな。あれは。

さて、今回は「チャコの海岸物語」について語ります。

なぜ書くかと言うと、有言実行を成し遂げたという意味で桑田のかっこよさを象徴する曲だからです。

80、81年と桑田は曲作りでスランプに陥ってたそうです。(何かに書いてあった)だから、このころのシングルはセールス的にも全然ダメだったんです。(ただ、名曲がないわけではないですが・・・)

それで、81年のライブで「来年はヒット曲出します!」と宣言したらしいのです。

それで、翌年の82年に出した曲が「チャコの海岸物語」だったわけです。
81年のライブでの宣言は、自分にプレッシャーをかけるためだったのか、ヒット曲がかける自信がそのときあったのかは、定かではないですが、少なくともスランプに陥ったときにもがき苦しみ努力した結果であることは間違いないでしょう!

ちなみに82年に発売したシングルは「チャコの海岸物語」以外は、

「匂艶THE NIGHT CLUB」
「Ya Ya(あの時代(とき)を忘れない)」

で全て大ヒット!
人に提供した曲も、

「夏をあきらめて」
「恋人も濡れる街角」

とヒット曲を連発!
どうしちまったんだ、桑田佳祐!という感じですね。

そういえば、82年は原さんと結婚した年!
努力の結果だけでなく、幸せだったというのもヒットを連発した要因なのか!!

himeさんも「チャコの海岸物語」について書いてください!


posted by サザマニア at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

続・鎌倉物語

♪チョッコレート、チョッコレート、チョコレイトはメ・イ・ジ〜〜

ショコライフのCM見ましたかぁぁぁ??
かわいらしい筈のあのメロディが、哀愁漂う絡みつくメロディになってましたね(笑)

最初は不思議な感じがしましたが、見れば見るほど味が出てきます。
アレはアレで、CMとしての役割をきちんと果たしてるんですね。

と、マクラが長くなりましたが、本題は「鎌倉物語」ですね!

投稿者:hime

>この曲って、大してサザンが好きではなくても、結構知っている人が多いんです。
>そして、TVやラジオとかで、「夏に聞きたい曲」や「湘南といって思いつく曲」というテーマでアンケートをとり、ランキング形式で発表すると、結構、上位に食い込むんです


へぇ〜〜〜〜〜へぇ〜〜〜〜〜
ソレは知らなかったです。この曲、有名なんですね!

アタシは、切ないイントロと原坊の愛らしい声が好きなんです。
歌詞に江ノ電が出てきますが、アタシは、江ノ電というよりも銭洗弁天とか鶴岡八幡宮ってイメージなんです。要するに海より山のイメージなんでしょうね。
初夏の心地よい風に吹かれながら、のんびり散歩したくなりますね。もう秋ですが…(笑)

原坊のお腹に第一子がいる間に歌入れをした話は、原由子著「娘心にブルースを」に書いてありましたね。
お腹に力を入れてはいけないと言われていたらしく、大事に大事に歌ったそうですよ。

そんな素敵なエピソードがあるから、優しく愛らしい曲になったのかもしれませんね〜★

さ、鎌倉物語はこの辺で!
次は、うるぐすさんにおまかせしや〜〜す
posted by サザマニア at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。